2018年6月18日月曜日

次回の活動は6月22日(金曜日)の学習会です

 次回のTOSMOSの活動は、6月22日(金曜日)に実施する「白井聡『国体論‐菊と星条旗』をめぐって」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。

 この学習会では、白井聡著『国体論菊と星条旗』(集英社新書・2018年刊)を題材として扱いますが、報告者(TOSMOSの会員)に必要な報告を用意してもらうので、参加にあたっては必ずしも上記の文献を読んでこなくても大丈夫です。(ただし、可能な方は、上記の文献を読んできて頂けると、より深い議論ができるので、より望ましいです。)。そして、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。事前の準備等は必要ありません。

 また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学自由です)。なお、参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

 次回の学習会のご案内
日時:6月22日(金曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)
テーマ:白井聡『国体論―菊と星条旗』をめぐって
会場:東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室B棟3階)の部室
※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
なお、部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
※会場の部室は畳(たたみ)部屋となります。


以上となります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。


 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

2018年6月10日日曜日

次回の活動は6月13日(水曜日)の学習会です

 次回のTOSMOSの活動は、6月13日(水曜日)に実施する「マイノリティ概念の法哲学的考察」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。
 この学習会は、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。事前の準備等は必要ありません。

 また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学自由です)。なお、参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

次回の学習会のご案内

日時:6月13日(水曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)

テーマ:マイノリティ概念の法哲学的考察

会場:東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室B棟3階)の部室
※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
なお、部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
※会場の部室は畳(たたみ)部屋となります。

以上となります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】


2018年6月5日火曜日

次回の活動は6月8日(金曜日)の読書会です

 TOSMOSでは、6月8日(金曜日)に下記のとおり「読書会」をおこないます。

 「読書会」では、報告者がテキストについてのレジュメなどを作成して報告をおこない、その後でテキストの内容をめぐってみんなで議論します。

 次回のテキストは、千田有紀著『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』です。

 「読書会」では、テキストを事前に読んできて頂けると、より深い議論ができるので望ましいですが、テキストを読むことができなかった場合でも参加して頂いて大丈夫ですので、お気軽にご参加ください。

皆さんのお越しをお待ちしております。

日時:6月8日(金曜日)19時00分~20時30分頃まで

場所:東京大学駒場キャンパス内のキャンパスプラザB312(B棟3階 部室)
※東京大学駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
※なお、部室のあるキャンパスプラザへのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
事前の申し込みは必要ありません。直接、会場(部室)までお越しください。
※部室は畳(タタミ)部屋となります。

テキスト:千田有紀著『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店 2009年)
テキストは、図書館で借りるか書店・ネット等で購入するなどして、各自で入手していただきますよう、よろしくお願いします。

○扱う範囲:テキストである『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』のすべて

報告者:TOSMOS会員

○テキストの内容紹介:「女性/男性」というジェンダーの視点からみることによって、この世界はどう変わってゆくのだろう。「性別」という「当たり前(自明)」だと思われているものは、どのように作られてきたのか。学問と性別を理論的、実践的に問い直し、性と、その欲望をめぐる政治とは何なのかを解き明かす。(カバー紹介文より)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育む
ことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。


 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

【文責:飯島】

2018年5月28日月曜日

次回の活動は6月1日(金曜日)の映像鑑賞会です

 次回のTOSMOSの活動は、6月1日(金曜日)に実施する映像鑑賞会となります。
 
 鑑賞する映像作品はNHKスペシャル 映像の世紀 第11集『JAPAN―世界が見た明治・大正・昭和です詳細は下記のとおりです。この映像鑑賞会は、TOSMOSの2018年度前期のテーマである「日本の近代化」と「フェミニズム」に沿うかたちでおこなう活動となります。
 
参加費は無料です。事前の申し込みは必要ありません。直接、会場(TOSMOSの部室)までお越しください。お待ちしております。
 
 何卒よろしくお願いいたします。

●映像鑑賞会の詳細           

○日時:6月1日(金曜日)19時00分上映開始

○会場:TOSMOSの部室
(東京大学駒場キャンパス内のキャンパスプラザB312号室〔B棟3階〕)
 ※東京大学駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
 ※部室があるキャンパスプラザB棟へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
 ※なお、会場の部室は畳(タタミ)部屋となっています。

○鑑賞する映像作品:NHKスペシャル 映像の世紀
  第11JAPAN―世界が見た明治・大正・昭和』74分、1996224日放送)
 ※映像鑑賞後には参加者皆で意見交換をおこなう時間を設けます。

○映像作品の紹介:20世紀は、日本が国際社会の一員としての地位を確立していった世紀でもあり、それゆえに、海外のカメラマンによって、映像として記録されています。日露戦争、シベリア出兵、満州国建設、太平洋戦争、占領から戦後復興へと至る日本の歩みは世界にいかに伝えられ、日本社会はどう観察されてきたのでしょうか。海外のカメラマンが記録した日本の映像と、外国人が記した活字記録を軸に綴りながら、世界が見つめた「JAPAN」を描きます。

以上となります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。


 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


【文責:飯島】

2018年5月22日火曜日

次回の活動は5月25日(金曜日)の学習会です


 
 次回のTOSMOSの活動は、5月25日(金曜日)に実施する「フェミニズム再考-理論と実際」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。この学習会は、TOSMOSの2018年度前期のテーマである「日本の近代化」と「フェミニズム」に沿うかたちで設定された学習会となります。
 
この学習会は、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。そのため、事前の準備等は必要ありません。

また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学自由です)。なお、参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

次回の学習会のご案内

日時:5月25日(金曜日)19時00分から(学習会は20時20分頃まで)
学習会の終了後に、翌週以降の予定や扱う内容などに関する相談も行います。

テーマ:フェミニズム再考理論と実際

会場:東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室B棟3階)の部室
※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
なお、部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
※会場の部室は畳(たたみ)部屋となります。


内容紹介:
 抑圧されてきた女性の権利を勝ち取ることから始まったフェミニズム。以後今に至るまで多様なフェミニズムが生まれ、女性の解放を主張してきました。しかし、これらの理論は社会に受け入れられるのには時間を要しました。今課題とされていることにも触れて、フェミニズムについて考えていきます。


 以上となります。

 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

2018年4月22日日曜日

次回の活動は4月25日(水)の学習会です

 TOSMOSのサークル・オリエンテーションや新入生歓迎企画にお越しいただいた皆様、まことにありがとうございました。TOSMOS会員一同、皆様とまたお会いできることを楽しみにしております。
 

 さて、新歓企画終了後、TOSMOSでは、週1回程度のペースで学習会・読書会を行っていく予定です。2018年度前期のテーマは「日本の近代化」と「フェミニズム」として、このテーマに沿う形で、活動をしていく予定です。次回のTOSMOSの活動は、4月25日(水曜日)に実施する「日本の近代化と明治憲法」する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。

 TOSMOSの学習会は、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。そのため、事前の準備等は必要ありません。

 また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学自由です)。なお、参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

 【次回の学習会の詳細】

●日時:4月25日(水曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)
学習会の終了後に、次の回の予定等について相談をおこないます。
●テーマ:「日本の近代化と明治憲法」

 
●会場:東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室(B棟3階)の部室
※TOSMOSの部室となります。
※部室は畳(たたみ)部屋となっています。
なお、部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html

●内容紹介:1889年、明治憲法(大日本帝国憲法)が発布されました。日本の近代化とともに作られた明治憲法は、一体どのような憲法だったのでしょうか。この学習会では、明治憲法の成立の背景や、実際の条文も確認しながら、その特徴や意味などを考えていきます。

TOSMOSの会員が報告を行います。
 
以上となります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


【文責:飯島】